フランチャイズ・代理店情報を独断と偏見でレビュー

スポンサードリンク

強みは、お店で作る焼き立てパンと出来たて弁当!デイリーヤマザキ

ここ数年でインストアベーカリーを取り入れたデイリーストア・・素晴らしい変化をしている・・。

 

 

銀行AMTが設置されていないなど利便性で劣ると見ていたコンビニでしたたが、インストアーベーカリー導入で客数の増加は見ていて大幅に魅力増大している事が頷けます。

 

契約タイプにはCタイプ(本部が物件用意)と1人専従Cタイプ(1人独立・本部が物件用意)があり、夫婦で経営が基本とされていた契約形態も見直しされている。

 

 

 

 

契約期間は5年間とこれも良心的だ、セブンイレブンと比較しても半分の期間になっている。加入するのに不安な契約期間が短いのは有難い。

 

開業資金はC/229万5000円1人専従C/187万5000円と一人専従が低い設定となっている。

 

内訳は研修費945,000円(1人専従は525,000円)
開店準備手数料105万円釣銭30万円
別途開店時商品仕入代金150万円
備品購入費、免許申請費等などが別途に6万円前後必要とある。

 

 

やはりコンビニ開業には400万円前後の資金が必要のようだ。
これに運転資金となると早々に手を出せない。

 

ロイヤリティは売上総利益の40%〜となっているのでまずまずの数値Cタイプ(デイリーホット店)のデイリーホット商品は27%と低め、コンビニ各社で比較してもまずまずの評価だがセブンイレブンやローソンなどと比較したら知名度的に弱いので売上げ確保がどのようになっているのか知りたいところ。

 

知人のオーナーに聞くことが出来た。「約15年以上経営しているが他のコンビニより締め付け緩いし本部の指示もそれほどでもないパートさんに任せておける仕組みが出来ているので楽なのでは?

 

意外にデイリーストアーの歴史も古いので知っている人は知っているし山崎パンのコンビニと言って来てくれる人もいると思う」という話だった。

 

思い切ってNo.1セブンイレブンを選ばずにデイリーの方が可能性が広がるかもしれない。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

無料で資料請求