フランチャイズ・代理店情報を独断と偏見でレビュー

スポンサードリンク

知識も経験もないサラリーマンが独立開業を決意

サラリーマンをやっていて一度は考える独立開業、しかしなかなか勇気と決意がわいて来ないのが現実だと思います。

 

しかし、昨今の不景気やリストラなど今の会社に一生いられるとは限りません。
年間2万人以上のサラリーマン自殺はそういった背景が原因とも言われています。

 

終身雇用は今は夢幻に過ぎずいつ転職を余儀なくされるか解りません。私は15年以上勤めた会社から早期退職の依頼が来ました、退職金は多少多くもらえますが次の仕事を探し、新しい仕事に就いたとしても成功できるか保障はありません。

 

現在はそういったサラリーマンの不安定さを痛感し自営業という違った選択をし収入を得ています。

 

当初は自営業といっても何をすれば成功するのか、また暮らせていけるのかなど不安で一杯の時期を1年程度過ごしました。40歳ではなかなか次の仕事も見つからず、再就職できても今までの年収の維持は大変困難な雇用情勢でした。

 

 

 

そんな時にフランチャイズで独立開業するという選択肢が頭をよぎりました、本を購入したりサイトを検索したり、資料を請求したり様々な業種業態を検討しました。結局は今まで経験した職種とは全く違う方面に決めたのですが、まずまずの成果を出しております。

 

フランチャイズ募集企業は山のようにあります、一体どれが自分に向いているのだろうか、資金はどれほどいるのか、本当に稼げる等調べてみました。

 

当時の募集企業の資料はほとんど請求したと思います。やはり、経験のないサラリーマンにはフランチャージの指導や指示、援助が必要だと思います、また経験のない職種や業界でも研修などで学べる機会もたくさんあります。

 

一から自分ひとりではリスクが高すぎると思うのです、ただし自分の人脈やコネクションがあれば別ですけど、サラリーマンを辞めた途端に仕事上付き合っていた人は離れていく事を忘れないでいただきたい。

 

私も退職前に付き合いのあった企業の方とはほとんど縁が切れてしまいました、そうした現実を考えるとやはり経験のない業種でもフランチャイズで開業する方が断然リスク回避になると思います。

 

「そんな仕事やったことないから無理」と最初から諦めずに逆にやった事のない仕事をフランチャイザーから指導してもらう方が成功に近いのかもしれません。

無料で資料請求